本文へスキップ

株式会社日本アミューズメントはアミューズメント施設を専門とする会社です。

TEL. 0586-75-1643

商業施設内の遊戯施設の安全に関するガイドライン(Ver.1.0)

ショッピングセンター等の商業施設内に設置されている
遊戯施設において、子どもの事故が発生していることを踏まえ、消費者事故等を防止するために、商業施設を運営する事業者が取り組むことが望ましい事項に関する規範を定め、商業施設事業者を始めとする関係事業者
による自主的な取り組みを促すガイドラインが策定されました。


     

商業施設内の遊戯施設の事故一覧例

事故情報データバンクによる事故事例の一部
(怪我の内容などは伏せさせて頂きます)



平成20年4月 エアークッションで利用者がバランスを失い怪我
平成21年5月 エアー滑り台で滑走中に利用者が怪我
平成22年3月 ボールプールに飛び込み怪我
平成22年4月 滑り台の滑走方法不具合で怪我
平成23年8月 エアー遊具送風機にて怪我
平成23年9月 遊園地遊具で腕を怪我
平成24年2月 複合遊具内のネットで転倒し怪我
平成24年3月 ローラー滑り台の滑走方法不具合で怪我
平成24年4月 複合遊具内で転落し怪我
平成25年8月 コンビニエンスストアのアスレチック施設で怪我
平成25年9月 スーパーマーケットの遊び場で怪我
平成25年12月 大型書店内の遊具施設で怪我
平成26年1月 家電量販店内の遊戯スペースで左腕を怪我
平成26年12月 飲食店の敷地内の滑り台で怪我
平成28年7月 岡山県の滑り台滑走面に釘3mmが出ており3人が怪我

など




事故発生時の対応

事故発生時に利用者から
管理体制や施設の不具合、利用者への配慮などが求められます。

今回、商業施設内の遊戯施設の安全に関するガイドライン(Ver.1.0)が策定されたのも
事故発生時の対応や維持管理の問題が要因の一つになります。


運営者には

管理体制の確認 
(日常点検・定期点検の有無や利用者への利用方法の提供など)
施設の維持管理
(不具合箇所の適切な補修・メンテナンスなど)
利用者への配慮
(緊急体制や納得いく説明など)

などが求められます。